2009年9月14日月曜日

「君は日出る国の生徒だ」

以前にこのブログでご紹介したことのある占部賢志(うらべけんし)さんの著書の続編である「続 歴史の『いのち』」にアルゼンチンと我が国との浅からぬ友好の歴史が描かれています。

アルゼンチンは長いスペインの支配下から1816年を迎えようやく独立します。その後、ヨーロッパやアメリカに対しても与(くみ)しない独自のスタンスをとっていたため、独立国として格段の緊張を強いられる状況にあったそうです。

こうした背景の中、近隣で10倍の人口を持つ清国と戦争をすることになった日本への関心と共感は高まり、当時、欧米列強ではありえなかった対等な関係に立つ画期的な通商条約が日本とアルゼンチンとの間で1894年に締結されます。

「ヨーロッパからの圧力に屈せず、アメリカ主導の米州諸国会議の枠組みからも一定の距離を保ち、他国に左右されない独立を堅持する基盤とは何かを求めて已まなかったアルゼンチンにとって、日本は肖(あやか)りたい手本と映っていたのである」
と占部さんは記しています。

そのアルゼンチンの日本への関心が頂点を迎えたのが日露戦争でした。日本への研究はますます進展していったそうです。

なぜ日本が強国・ロシアに勝てたのか世界各国の関心事となっている中でアルゼンチンの研究は世界の中でも最も的確な分析をしているといわれたそうです。

アルゼンチンの新聞「ナシオン」には当時、次のような記事が書かれています。
「大砲の大小、銃の軽重、巡洋艦、魚雷艇、装甲艦の性能などあれこれといった技術者の間で長談義される問題は、専門家の屁理屈以外の何物でもない。勝利をもたらすのは爆薬や威力ではなく、人間なのである。日露両国民の精神は十世紀も十五世紀もかけて形成されてきたものであり、その結果として四千五百万人の日本人が一億三千五百万人のロシア人を打ち破ったのである」

明治の日本人には、アルゼンチンの人々が高く評価するほどの高い国民性が随所に見られたようです。占部さんは日露開戦の詔勅(しょうちょく)と同時に出された文部大臣訓令を紹介しています。

「『(前略)今や露国と事を構うるも固と是れ平和を永遠に克復するが為なれば、学生生徒が客気に駆られ露国民に対して嘲罵(ちょうば)を逞(たくま)しくし、延きて他の外国民にまで悪感を懐かしむるが如きことになかたしむるは、子女の教育上最も注意を要する所なり』。

開戦必至の前夜ですから、日本国内には、ロシア憎しとする声は高まっていました。敵愾心(てきがいしん)に駆られた大人たちのあいだには「ロスケ」なる言辞が飛び交い、当時の子供達は至るところで耳にしていた。子供というものは大人の真似をしたがるもので、勢い教室の中でも口にするものが出てくる。
こうした空気を察知した文部省は、開戦の詔勅とともに全国の小学校に向けて、敵と雖(いえど)も侮蔑するなかれと戒める訓令を発出したというのです。

このような倫理性を体した国柄に共感する一方で、西洋文明を融通無碍(ゆうずうむげ)に取り入れ近代化に邁進(まいしん)する闊達な精神も重要な勝因としてアルゼンチンは称賛して已みませんでした。
なかでも『五箇条の御誓文』に注目し、第四条「旧来ノ陋習(ろうしゅう)ヲ破リ天地ノ公道ニ基クヘシ」、第五条「智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スヘシ」に示された開明性を取り上げ、「多くの熱心な学生をイギリス、ドイツ、フランスの学校や工場、およびアメリカの研究所や大学へ留学させ、四〇年間にわたって習得した西洋文明のすぐれた弟子なのである」と評価したそうです。


このアルゼンチンの対日観は、大東亜戦争に敗北した日本に対しても失せることはありませんでした。

敗戦後にアルゼンチンに移住した、現地日本語紙「ラプラタ報知」の編集主幹高木一臣氏の回相談が「続 歴史の『いのち』」に記されていますので、紹介させていただき、この記事の仕舞いとしたいと思います。

我が祖国・日本を離れ、このアルゼンチンに来て、五十年が経ちました。一九五一年六月、私は全くスペイン語を知らないでこの国にやってきました。当時、無一物の私は、無料の国立夜間小学校のあることを知り、強引に校長先生にお願いして入学を許されました、そして、日本の大卒でしたが、子供たちと机を並べて勉強を始めました。
小学校を終えると、次に夜間の国立中学校に入学しました。二十六歳の時でした。
入学して一年、歴史の授業での出来事です、先生は生徒を名指ししし、教壇に呼びだして復習してきたかどうかを質問します、その時、「ホセー、前に出ろ」「ファン、前に出ろ」と名前で呼ぶのが常でした。ところが私の場合、なぜか「高木」と名前で呼びません。
「『日出(い)づる国』の生徒よ!前に出ろ(アデランテ アルームノ デル パイスデ “ソル ナシャンテ”)と呼んだのです。
私はこれに対し、「先生、『日出づる国』の生徒よ、という呼び方はやめて下さい」
と言いました。
「なぜか?」と反問する先生に向かって私は、「先生、太陽は落ちたのです。日本はもう『日出づる国』ではなくなったのです」と答えました。
しかし、先生は、「君が『太陽は落ちた』と言うのは、日本が戦争に敗(ま)けたからか」
と質(たず)ね返してこられました。
私は「そうです」と答えると、先生はキッとした厳しい顔つきになりました。そして、
「君は間違っている!日本が『日出づる国』であるのは、戦争に強かったからではない。日本はアジアで最初に西欧文明を取り入れて、わがものとし、世界五大郷国の仲間入りをした。このことに示されるように、『西洋文明』と『東洋文明』という全く異質の文明を統一して、世界文明を創り上げる唯一の能力をもった国である。この難事業をやり遂げたのは、日本において他にはない。日本がこの能力をもちつづける限り、日本は『日出づる国』であるのだ。戦争の強弱などという問題は、『西洋文明』と『東洋文明』の統一という大事業の前には、取るに足らぬことなのだ。君は日本が戦争に敗けたからといって、卑屈になる必要など毫(ごう)もない。俺は『日出づる国』の人間なのだという誇りと精神を失わず、胸を張って歩きたまえ」
と私に向けって言われたのです。
私はこれを聞いて、涙が溢(あふ)れ出るのを押さえられませんでした。

4 件のコメント:

live3054 さんのコメント...
このコメントはブログの管理者によって削除されました。
cola707026 さんのコメント...

情趣商品,情趣精品,情趣用品,情趣味用品,情趣用品坊,情趣用品店,情趣用品網站,情趣用品專賣店,情人趣味,情色遊戲

情人趣味用品,情趣,情色,色情,色遊戲,一夜情,色情網站,情色自拍,情人趣味愛蜜莉,情人趣味用品液,情人趣味用品轉

情人趣味用品娃,情人趣味用品珠,情人趣味用品店,情人趣味用品控制,情人趣味用品轉珠,情去商品,情趣禮物,情人節

情趣用具,情趣網,情趣用性品,情趣性用品,情趣用品爽翻天,情趣爽翻天,情趣內衣,情趣椅,情趣貼圖,情趣睡衣,情色小說

情人趣味千奈,情人趣味愛戀

cola707026 さんのコメント...

飛機杯,按摩棒,自慰套,SM,吊帶襪,潤滑液,跳蛋,性感睡衣,充氣娃娃,角色扮演,G點,威而柔,自慰器,震動套

性感內衣,情趣按摩棒,丁字褲,丁字褲情人趣味,C字褲,C字褲情人趣味,情趣按摩棒

性愛,做愛,作愛,網愛,性愛,愛情,性交,性行為,愛愛,性騷擾,性功能,性知識,性交易,性冷感,性感帶

露點,視訊,正妹,熟女,走光,自拍,辣妹,夜店,汽車旅館,av,成人,av女優,交友,視訊美女,外遇,sex,無碼

はじめまして。小嶋です さんのコメント...

日本人としてしっかり生きたいと思いますね。