2008年1月8日火曜日

願い事を叶える魔法の言葉

 世の中には願い事を叶える「魔法の言葉」というものがある。
 と言うと「ははは、また~」と笑われてしまいそうだが、これは事実である。

 前回の「神社でお願い事をしてはいけない」へのコメントでnozomiさんも書いてくれていたが、その方法は
 願い事を「こうなりました」と過去形で言い切って、そのあとに「感謝します」とつければいいのだ。
  
 たとえば、月末までに臨時収入が欲しい時は「1月末までに臨時収入が入りました。感謝しま~す」、素敵な人との出会いを望んでいるのであれば「今年中に素敵な人との出会いがありました。感謝しま~す」と言葉にすればいいだけである。
 すっごく簡単だし、お金もまったくかからない。

 この魔法の言葉は、五日市剛さんという人から僕は教わった。
 五日市さんは学生時代に旅で訪れたイスラエルであるおばあさんと出会う。
 そして、泊まるところがなくて一泊お世話になった夜にこの「ツキを呼ぶ魔法の言葉」として「ありがとう」「感謝します」のことを教えてもらうことになる。

 ユニークなのは、嫌なことがあったら「ありがとう」、うれしいこと、楽しいことがあったら「感謝します」と言いなさいとおばあさんから言われたという点である。
 この嫌なことがあったら「ありがとう」を言うというところがけっこう大切なポイントなんじゃないかと僕は思う。
 言葉には、言葉として発するとしばらくすると、もう一度その言葉を口にしたくなるようなことが起こる法則がある。
 良いことに出会うと誰でも「ありがとう」「感謝します」と言えるけど、嫌なことが起こって「ありがとう」とはまあ絶対に近いぐらい言えない。言えないどころか不満な思いや不満な言葉をすばやく発してしまうので、またその言葉を発するような嫌なことが起こるのだ。
 だから、嫌なことがあった時、すばやく「ありがとう」と言うと、嫌なことはそこまでで断ち切られ、次には「ありがとう」と言いたくなることが必ず起こる。

 五日市さんの講演会のあとの懇親会で豪華賞品のくじ引きがあり、その直前に、ある女の子がつかつかと五日市さんのところに寄ってきて「五日市さん、握手してください」と言うので、握手したら「1等のプラズマテレビが当たりました。感謝しま~す」とみんなの前で大声で言って、目隠しした人が行う厳正なくじ引きの結果、最後まで残ったのが「感謝しま~す」のその女の子で、本当にプラズマテレビが当たったという話には、「これはおもしろい!」と感心してしまった。

 おもしろい話はすぐに試してみたくなるし、人に教えたくなる性分(たち)なので、自分で始めるとともに、鹿児島にいる妹に電話ですぐに伝えた。
 すると、1ヶ月もしないうちに妹そしてその周囲の人々の間で、びっくりするほどの効果が表れ始め、重要な仕事はまとまり、臨時収入が入り、再婚が叶い、旅行は当たり、懸賞で宝石は当たり・・・とんどん願い事が叶っていったのだ。
 その夏に、妹の職場で一緒に働いている女性から「自分は幼い頃から家庭に恵まれず苦労の多い人生だったが、若い頃に占いの人から歳をとってから幸せになることと出会えるので楽しみに生きていきなさいと言われたことを覚えているが、それがこのことだったのだと思いました」というお礼のお手紙をいただいた時は大変に恐縮したが、心底うれしかった。

 五日市さんのイスラエルでのおばあさんとの出会いやその後の不思議な出来事は、小冊子としてまとめられ書店売りは一切していないのに、なんと30万部以上売れているという。
 出会ってすぐに30冊ほど購入したが、周りで効果が次々と表れるのでうれしくなってどんどん配ってしまい、今は僕の手元には一冊もないので画像は紹介できないが、ネットで購入できるので、読んでみたい方は調べてみてください。

 「ありがとう」「感謝します」を教えてくれたイスラエルのおばあさんは
 「人は言葉通りの人生を歩むのよ」ともおっしゃったという。

 改めて、言葉を大切にしていこうと新年に思う。

6 件のコメント:

nozomi さんのコメント...

そわかさん
 うちの母にはまだ、ありがとうの水の話をしたのみで、そわかさんの魔法の言葉について入っていなかったんですよ。「合格できました。ありがとう」のおまじないは、母が勝手に実践していたことだったのです。それが本当にいい作戦だったとは、知りませんでした。教えてくれてありがとう。
 そういえば、フランス語では何かを頼む時、例えば、「それをわたしにXXしてください」だったら「XXしてください、ありがとう」と言うのが決まりですよ!いま気づいたけど。
 子どもたちがその「ありがとう」を言わないと、大人たちは「あら?魔法の言葉はどうしたの?言わないとやってあげないよ」って言います。
 へえ〜面白い。「ありがとう」が魔法の言葉なのは、万国共通だったのねえ。。。

 この前雨漏りに「お水の神様ありがとう」と言ったら、情けなさが吹っ飛びました。
 今年もいい出会いがいっぱいありました。感謝します。

空気きれい さんのコメント...

願い事を叶える魔法の言葉・・・

それは、もしかするとこのそわかさんのブログからも発信させているのでは^^


そわかさんのおっしゃる通り、わたしの周りにもこんな話がありました。

夢は何?という質問に対し、
普通は『○○になりたい。』又は『○○したい。』という人が多いと思います。

しかし、
『○○になって、○○している。』こんな具合に夢を持つ人がいました。

しかも、その後者の人は夢を現実にしているではないですか!

わたしはこれを奇跡というべきか、必然というべきか、分かりませんが信じたいと思っています。



またもや、そわさんのブログを読ませて頂き、確認する事ができました。
ありがとうございました。

ちなみに、わたしも一つ叶った事があります。
この場をかりて、感謝します!!

そわか さんのコメント...
このコメントは投稿者によって削除されました。
そわか さんのコメント...

nozomiさん
きっとお母様へのnozomiさんからの“以心伝心”だったんですよ~!
周囲の人たちをみていて願い事が次々に叶う人には共通点があるみたいです。
それはどうやら“素直なこと”のようです。
お母様がお孫さんを思う気持ちはまさに“無私”だったでしょうから、強烈に願い事を叶える力を発揮したんだと思います。
僕は未熟モノなのでボチボチです。“有欲”でも全然かまわないようですから、どんどん願い事を叶えてくださいね。
それと、フランスにはそんな頼み方が残っているなんて、びっくりしました。
ほんとにおもしろいですね。

そわか さんのコメント...

空気きれいさん、こんばんは。
どんな願い事が叶ったのかとっても気になりますが、願い事叶ってほんとによかったですね~

「ありがとう」の語源は「有り難し」、「めったにない」「なかなかその辺には存在しない」ということかららしいです。

「人は言葉通りの人生を歩む」のだとしたら、「ありがとう」の言葉を普段から心がけて使うようにして「めったにない」ことにたくさん恵まれたら素敵ですね。

空気きれいさんが、目の前のことを大切にして、願い事がどんどん叶っていきました。感謝しま~す!

匿名 さんのコメント...

「願い事を叶える魔法の言葉」で願いが叶いました♪

ありがとうございました。