2008年8月12日火曜日

大敬先生の「般若心経」講義①「先人はすごいものを残してくれました」

 立花大敬先生の10年ぶりとなる東京講演会のテーマは「般若心経」であった。

 このブログでもこれまで何度か「般若心経」について書いてきたが、僕は5年ほど前から写経を書き始め、これまで900枚ぐらい書いてきたが、その内容、意味等についてはあえて考えないようにしてきた。

 なぜなら、写経を教わった方々から「意味とか中身は深遠すぎてわからないものなんだよ」「私もひたすら書いているだけ」などと言われてきたからだ。

 その当時、すでに2万巻とか3万巻をひとりで書いてきた人から「わからない」といわれるとやはりそれなりの信憑性がある。

 また、般若心経は中学生の頃から諳(そら)んじ(させられ)、それなりの興味はあったので、写経を書き始めるずっと前に般若心経本を数冊か読んだことがあったが、「なんだかよくわからない」という記憶しかなかったので、そういうものなのだろうと思い込んでいた。

 それが、ここ数ヶ月、般若心経の解釈に関して興味を持ちなさいというシンクロがいくつか起こっていた。
 そのへんはブログで紹介していないが、難解でうまく言葉にできるまでは至っていないためで、「この世の仕組み」「人が向かうべき未来」を示す叡智(えいち)が般若心経には記されているらしいというところまではぼんやりわかってきた。

 そして、立花大敬先生が東京で講演するということを偶然知り、その場で満席だろうなと思いながら電話してみるとまだいくつか空席があると聞かされてすぐに予約し、10日の講演会を待った。

 
 講演当日、穏和な笑顔をうかべた大敬先生は、開口一番、

 「般若心経は目標達成のお経です」と述べられた。

 過去、人類には数々の般若心経による成功体験がすでにあり、そのため、現代の人が唱えることでその偉大な成功体験に繋がっていく流れができているのだそうだ。

 そして、

 「先人達は、すごいもの(秘法)をこの般若心経という形で、残してくれました」

 と般若心経のその「すごさ」について話し始めた。




 「般若心経に関わっていてよかったな~」と以前、玄蔵三蔵の旅の話を聞いた時に思ったことがある。

 http://kansya385.blogspot.com/2008_05_01_archive.html(5月17日付)

 今回の話はそれと同じぐらい、いやそれ以上に、般若心経に関わっている方々にとって大いなる歓びとなる話であると僕は確信する。
http://kutsulog.net/cat0614-1.php
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
 

1 件のコメント:

chida さんのコメント...

突然の書き込み失礼致します。出版社バベルプレスの千田と申します。私どもバベルプレスでは、9月後半発売予定でデボラ・ノービルの『サンキューパワー』日本語版を刊行いたします。それに先駆け「サンキューパワーワンダーランド」と名づけたサイトをオープンしました。
もちろんこの本がアメリカやお隣の韓国のようにヒット作品になることを願ってサイトを開きました(韓国では3ヶ月で10万部突破したと聞いております)。皆様にこの本をご紹介するに当たり、少しでも勉強しなければと考え、皆様のサイトを見学させていただいております。
よろしければあなた様の貴重なお話を私どものサイトを訪れる方々にもご紹介させていただければと思い、書き込みをさせていただきました。
実は、貴重な皆様の体験をeBOOKとして販売させていただければとも考えております。皆様にご投稿いただいたお話をeBOOKにさせていただければと考えております。よろしければ一度私どものサイトをお訪ねいただき、ご意見をいただければ幸いです。お待ちいたしております。その際は、あなた様のブログ名をお書きくださいますようお願い申し上げます。URLは、http://www.thankyoupower.jp/です。「サンキューパワープラザ」の『投稿ページ』にご投稿をお願いいたします。ご投稿お待ちしております。
バベルプレス 千田